子どもの前歯のゆがみ・出っ歯の矯正治療

子どもの前歯のゆがみ・出っ歯の矯正治療

一般的に出っ歯と呼ばれる症例は、正式には「上顎前突」と呼びます。
上の前歯が下の前歯よりも2~3ミリ前方にある位置が正常と言われております。ところが、上の前歯が大きく前方に飛び出したようなケースは、上顎前突と呼ばれます。
見た目の問題以外にも、発音がしにくくなったり、口呼吸の原因となり、顎の変形や狭窄歯列弓の原因になったりしますし、虫歯や歯周病の原因ともなります。
なかには下の前歯が上の前歯の内側の粘膜を咬み、粘膜を傷つけてしまい、痛みを伴う場合もあります。

子どもの前歯のゆがみ・出っ歯の矯正治療の時期

お子様が出っ歯の場合、上下の前歯が萌出した時期に治療をお考えになられることで、良い結果が得られやすいと考えられます。ただし、ご不安がある場合には、早めにご相談いただければ良いと思われます。診査の上、お子様にとって治療が必要な時期や方法を考えていきます。

出っ歯の原因は?

先天的な顎の大きさや上下の顎の近遠心的な位置関係の不正による場合,後天的な悪習慣によって起こるものなどがあります。悪習慣とは、長期におよぶ指吸い,おしゃぶりの使用、爪噛み、舌癖などのことを指します。
悪習慣がある場合には、歯の矯正治療と並行して、悪習慣の除去や舌のトレーニングなどを行う必要があります。

出っ歯の矯正治療法は?

前歯が4本生え揃う、小学校1~2年生頃であれば、お子様の成長を利用しつつ、装置を用いて、正しい顎の成長を促しながら、歯牙の矯正治療を行っていきます。
この時期の矯正治療においては、前歯だけではなく、奥歯の関係に原因がある場合などは、奥歯を後方に動かしたり、上下顎関係の不正と言った骨格的な改善を行ったりしながら、前歯部の前突の改善や歯牙のスペースの確保などを行います。前歯だけの見た目だけではなく臼歯部での正しい関係への改善、並びにこれを獲得するための、重要な治療です。
顎の成長の落ち着いてくる時期である12歳以降では、ブラケットとワイヤーを用いた本格矯正治療が必要になります。

出っ歯の症例

大阪市15歳3ヵ月女の子

クリアブラケットによる本格矯正治療(第二段階治療)・抜歯症例

上顎前歯の前突を伴う著しい叢生(乱杭歯)症例

初診時(15歳3か月)

  • 側貌側貌

  • 正面正面

  • スマイルスマイル

  • 上顎上顎

  • 下顎下顎

  • 右側面右側面

  • 正面正面

  • 左側面左側面

装置装着時(クリアブラケット)

4/4/4/5(上下左右4本の小臼歯)を抜歯

  • 上顎上顎

  • 下顎下顎

  • 右側面右側面

  • 正面正面

  • 左側面左側面

装置撤去後保定観察時(19歳0か月)

  • 側貌側貌

  • 正面正面

  • スマイルスマイル

  • 上顎上顎

  • 下顎下顎

  • 右側面右側面

  • 正面正面

  • 左側面左側面

咬合面写真

上顎
  • 上顎初診時初診時

  • 上顎装置装着時装置装着時

  • 上顎保定観察時保定観察時

下顎
  • 下顎初診時初診時

  • 下顎装置装着時装置装着時

  • 下顎保定観察時保定観察時

土日診療 TEL:06‐6643‐1187 写メも送れる!無料メール相談 初回矯正相談
TOP