子どものすきっ歯の矯正治療

子どものすきっ歯の矯正治療

歯と歯の間に隙間が生じている状態を、「すきっ歯」とよく言われますが、正しくは「空隙歯列」と言います。
乳歯列期においては顎の成長とともに、隙間が生じてきますので、多くの場合それほど心配する必要はありませんが、永久歯に生え代わっても隙間が残る場合には治療が必要です。
見た目だけでなく、歯間に物が挟まりやすくなったりしますし、咀嚼能力の低下などを引き起こし、咀嚼障害を引き起こしたりする場合もあります。また、歯間から空気が漏れることで、発音障害を引き起こすこともあります。

子どものすきっ歯の矯正治療の時期

乳歯列期において、顎の成長に伴って、乳歯の間に隙間が生じてくることは、将来の永久歯が出る準備をしているということであり、普通に見られるもので、それほど心配する必要はありませんが、混合歯列期に永久歯と永久歯の間に隙間が見られる場合には、何か原因がある場合もありますので、一度ご相談ください。
すきっ歯の治療でご相談に来られる方の中には、上唇小帯の異常や悪習慣など後々の永久歯の配列に悪い影響を及ぼす場合があり,早期に治療を開始する必要がある場合もありますので、一度ご相談ください。

すきっ歯の原因は?

顎に比べ歯のサイズが小さい,あるいは顎が大きい,舌が大きいなど、先天的な要因の他,舌癖や咬物癖,スティックの仕様などの後天的な要因によってすきっ歯になるケースがあります。

すきっ歯の矯正治療法は?

可撤式の床装置や固定式のリンガルアーチ、ブラケットとワイヤーを使用した矯正装置、マウスピースなどによる装置を使用して行います。
また、症例によっては部分的な矯正治療で可能な場合もありますので、まずは一度、お口の中の状態を見せていただいた上でご説明したいと思います。

すきっ歯の症例

大阪府堺市13歳0か月女の子

歯の先天的欠如が認められた本格矯正治療(第二段階治療)例

5/5/5

先天的欠如歯症例

初診時(13歳0か月)

  • 側貌側貌

  • 正面正面

  • スマイルスマイル

  • 上顎上顎

  • 下顎下顎

  • 右側面右側面

  • 正面正面

  • 左側面左側面

初診時の部分入れ歯を入れた状態

部分入れ歯(上顎1ヶ、下顎2ヶ)装着時

  • 上顎上顎

  • 下顎下顎

  • 右側面右側面

  • 正面正面

  • 左側面左側面

矯正装置撤去時(17歳7か月)

  • 側貌側貌

  • 正面正面

  • スマイルスマイル

  • 上顎上顎

  • 下顎下顎

  • 右側面右側面

  • 正面正面

  • 左側面左側面

隙間が閉じた状態

→は閉じた部位

  • 上顎上顎

  • 下顎下顎

土日診療 TEL:06‐6643‐1187 写メも送れる!無料メール相談 初回矯正相談
TOP